クリニックって残業ないイメージだけど、実際はどうですか?

クリニックって残業ないイメージだけど、実際はどうですか?

クリニックでの仕事内容は、病院に比べると確かに楽な部分はあります。
重症度の高い患者さんは来ませんから、精神的にも楽です。
しかし、必ずしも残業がないわけではありません。
クリニックによっては、病院なみに残業を強いられる所もあります。

クリニックの中でも忙しいのが小児科です。
小児科というのは、風邪やインフルエンザが流行る冬の時期は、かなり混雑します。
子供というのはすぐに体調を崩したり熱を出したりしますから、忙しい時期には数時間の残業も当たり前です。
それに、小児科の場合、仕事を終えたママさんが、具合の悪い子供を連れてくるといったケースが多く、
受付時間の終了間際に混みだす事が多いのです。

子供の診察というのは、大人と違いますから、1人1人に時間がかかります。
時には泣きわめく子もいますから、そのような子をなだめながら診察の介助をするのはとても大変です。
特に点滴などが必要な場合には、終わるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

同じクリニックでも、内科など他の科の職場は、ほとんど残業がありません。
患者さんが大人ですから、夕方に混み合う事もありませんし、我慢できない症状の場合は、
救急外来を利用する方が多いのも理由の1つです。
クリニックだからと言って、残業がないといったイメージは違うと思います。
残業があるかないかはクリニックによって全く異なります。
残業を避ける為にクリニックでの勤務を希望する場合には、事前に業務内容を確認する必要があります。
残業がないという安易な考えでクリニックを選んでしまうと、後悔してしまうケースもあります。
看護師求人情報サイトを利用したり、実際に働いている方の情報を得るなどして、実状を把握する事が大切です。

2014年4月25日|